アメリカ人夫と息子の3人で中国北京に駐在中。いつのまにか泳げるようになっていたぼんぼん。


by snakeinbeijing
カレンダー

<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

能登に帰りました

夫の職場から「home leave」という名目の休暇が出るこの夏。要は海外駐在のときに里帰り用に家族全員の航空券が支給される。でもいろいろ制約があって、結婚12年の私はまだそのシステムを把握できていない。わかってるのはアメリカの航空会社を使って、アメリカへ帰りアメリカ国内に4週間滞在しなきゃいけないってこと。途中ハワイでもグアムでもその制約内であればいいらしい。昨日は、私と息子はそのチケットを使って北京ー成田を飛んだ。なぜか私はノースウエストと思いこんでカウンターに行ったら「あなたのチケットは全日空」と言われ頭の中が「???」マークでいっぱい。コードシェア便なのだったのか・・・。よくわからんけど、それならそれでいいわ、国際線なのにビールって言ったら「$5!」って言われる最近のアメリカの航空会社よりもサービスはいいし。それにしても先月、クンミンに行ったときは人民でごったがえしていた空港も国際線はまったく違う趣き。ゆっくりチェックインできた。
成田へ着いてからが問題なんだよね、田舎出身者は。13時に着いたので普通ならリムジンバスで羽田へ行き、国内線で小松ってパターンなんだけど、今回は初めて成田から小松に一便飛んでるというIBEXという飛行機に乗ることにした。でもこれが飛ぶのは19時半。なんと6時間半もつぶすことに・・・。友人のすすめで成田からシャトルバスが出てるというジャスコに行こうと思ったんだけど、今回は新しくなった第一ターミナルを探検することにした。いや~、ユニクロはあるしTSUTAYAはできてるし、おしゃれなタイヌードルも食べられたりして、結構楽しい。おかげで羽田行きのバス代をセーブしたはずがその分お買い物で消えたって感じです。途中寝そうになったサルを叱咤激励しつつようやく小松行きのラウンジへ行くと「小松上空の雨による視界不良のため成田へ引き返すこともございますのでご了承ください」っていうアナウンスが・・・。マジ~?ここまで待ってそれはないよ~って泣きたくなったけどほかの乗客もみんなそれはそれでっていう表情で乗り込んでる。でも、無事に着きました。3ヶ月ぶりにじいじを見て飛び跳ねているサル。よかった。私の夏は、これから能登1ヶ月、その後アメリカ1ヶ月縦断の旅になります。ブログ更新できるか、ちょっと心配。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-22 09:21 | Travel

再見、Venus!

4月から通っていた地元の幼稚園を今週で退園することになったうちのサル。理由は・・・まあいろいろあるんだけど、一番は夫がサルの英語力を心配してってことかな。ここは朝7時40分にスクールバスが来て帰りは交通渋滞もあるので大体5時半から6時頃。子供達は3食幼稚園で食べてくる。マミーはとってもエンジョイしてたんだけど、この幼稚園。もちろん、8時間ずっと中国語なのでサルも少々中国語ができるようになった。マミーの4声を直すくらいだし・・・憎いけど、やっぱこのくらいの子供の語学に対する柔軟性はすごい。だから私はサルの英語もそのうち小学校へ行けばすぐ追いつくって思ってるんだけど、うちの夫は納得いかないみたい。で、これからどこに行くかと言うと・・・インド大使館学校!なんでかって?北京中で英語で教育してくれて一番安いから!(きっぱり)。1年で1900USドルです。夫の職場は5歳からしか学費でないんだよね。だから1年の辛抱なんだけど。せっかく今の幼稚園で乗ってきたところなのに、かわいそうな気がするわ。ま、ヤツのことだからすぐ慣れるとは思うけど、マミーはまたいちから学校のママ達とのつきあいを始めるのか・・・と思うとちょっと頭が痛い。
b0099220_5382488.jpg
おやつのマントウを配るサルです。なんか、いっつも幼稚園では上のTシャツをパンツにインさせられてるんだよね。おなかを冷やさないため?ところでサルの名前を中国語で書くと・・・「提摩太」(ti2mo2tai4)らしいです。なんか・・・字面、すごいよね。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-19 05:45 | Chinese

ある週末・・・続き。

肝心のワインを書くの忘れてた。
b0099220_17225114.jpg
それにしてもちょっとBBQするには暑すぎた日でした。今日のうちのサルです。<br 
b0099220_17241221.jpg
clear=all>
Bourgone Passetoutgrain 1999
Vin de Savoie 1999
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-16 17:27 | Today's wine

ある週末

冷蔵庫のチーズが切れたので車で家楽福(カルフールのことですよ、パリのみなさん!)へ行った。今日は割りと種類がそろっていた上にラクレット用のチーズを発見!うちにそんな器具はないけどBBQのグリルでやろうってことで購入。今日はラクレットだ~って楽しみにして駐車場に来て車に乗ったらエンジンがからない!夫思わず、「Not again~!」って舌打ち。っていうのは、この車、去年の秋に亡くなった義母のGM車。彼女、ものすごく頑固でGMで散々ひどい車をかわされ続けたのに買い続けた人。ある意味すごいな~っていつも感心してたんだけど、それにしてもこの車は10年もたってないのに、いきなりドアがはずれたり、窓が閉まらなくなったりとトラブル続き。この先代もGM車で私は免許の実技試験中(アメリカは自分の車で試験受けるんだよね)にエンジントラブルに見舞われたっけ・・・。とにかく、夫はすぐにカルフールのマネージャーを呼んであれこれ車のことやってるとあっと言う間に10人ほどのギャラリーに囲まれた。しかも暑い北京の昼下がりのこと、ほとんどのおやじは上半身裸、またはシャツをおなかの上でまくりあげてる・・・あ~ん、なんでカメラ持っていなかったのか~っていうくらいの光景だった。で、みんながそれぞれあ~だこ~だって言って夫も困ってたけど、中のひとりが自分の車からペンチやドライバーを持ち出してきて「俺にまかせろ!」ってな調子でやりだした。5分後・・・amazing!なんとこのオヤジ、直しちゃった。思わず、裸のオヤジ達とともに拍手喝采!私、人民のみなさんを見直しました。ただの物見高い人たちばっかじゃないってことを認識。これが日本で起きたらどうだったか・・・。外人の車が壊れてるー見ない振り・・・だろうね、やっぱ。
さて、こうやって無事カルフールから帰り着いた日の夕食がこれです。ラムとラクレット。
b0099220_1716619.jpg

[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-16 17:20 | Today's wine

Bastile day in Beijing

北京に来て2度目(!!)のオフィシャルなパーティに招待された。北京に来るまではそれなりに夫婦そろっての招待があって、続くと結構大変って思ってたけど、こんなに夫人が無視されてる土地に来ると、それはそれで寂しかったの・・・。で、今回はフランス大使公邸でのバスティーユデーのパーティ。日本語ではなんというのか?革命記念日?独立記念日?2年前、シャンゼリゼにパレード見に行ったな・・・思わず遠い目になってしまう。3里屯の大使公邸に着くと、なんと公邸はでっかいフランス国旗に覆われていていやがおうにも気分が盛り上がる。公邸だからセキュリティ上やっぱデジカメはだめだよね・・・と勝手に解釈して持っていかなかったのに、中に入ると中国人のゲストはお互いこれでもかって感じで写真を撮り合ってる。負けたわ。中庭にはテントがしつらえられて、それぞれフレンチ・中華料理と分かれている。飲み放題のシャンパーニュ・ワインは・・・まあこれだけのゲストだからしゃーないかっていうvin des paysレベル。いや~、それにしても久々のおフランス語・・・疲れた・・・oui のかわりに思わずドエって・・・やっぱりいつのまにかマダ~ムから夫人に変化してたのねと実感。それにしても・・・夫の職場から招待されてきてたのは2組の軍関係のひとたちだけ。なんかあのひとたちってどこへ行っても派手に社交してる気がする、私達以上に。お互いの国の軍関係者が仲良くしてればいざというときに役だつってこと?ま、いいけど。
b0099220_16531199.jpg
なつかしや、2年前のうちのboys in Paris!
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-16 16:58 | Party

オーダー出来上がり

b0099220_15102257.jpg
<br clear=all
b0099220_15121785.jpg
>
こんな感じですが、いかがでしょう?上の2着は姪っ子用。下の3着は私。私のペイズリーのあまり布で姪っ子のワンピが仕上がった。あとはもともと誰かからのいただきものの布があったので自分が気に入ってるワンピースの模倣で作ってもらった。
ちょっとわかりにくいけど、着てみたほうがいい感じ。夫悩殺用のナイトガウンはちょっとデザイン的に子供っぽすぎて見せられません・・・やっぱVictoria's secretでも参考にしないとだめか。とにかく初回のオーダーにしてはまあまあの出来と自分でもちょっと嬉しい。さしあたって着ていく機会がまだないのが残念なんだけど。ちなみにワンピース1着160元(1元=15円)。子供用は1着60元。この仕立て屋さんは日本人が住むマンションにあちこち出入りしていろいろと注文もらってるらしい。この前、中国語のクラスでも先生がオーダーの裁縫屋はもうけてるみたいなこと言ってたけど、多分彼もかなりもうけてると思うな。ま、腕もいいし、私は満足。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-11 15:24 | Shopping

布市場ームウシュウ園

b0099220_14563457.jpg

先日、布市場に連れていってもらった。北京市内にはありとあらゆる市場があって、ここは服飾関係の市場らしい。タクシーの運ちゃんに軽く、市場へ行ってと頼んだものの、あまりに広くてどこで降りればいいかわからないくらい。なんとなく・・・と降りた場所が毛皮売り場。あたり一帯、ミンクやらなんの毛皮かわからないものまでぶら下がってる。動物愛護家が見たら卒倒しそうだけど、「この冬は毛皮のオーダーにも挑戦してみたいな」と心の中で誓う私。しばらくぐるぐるしてやっと布がいっぱい売ってるところに着いた。ハ~、すごい!なんだか多すぎてアイディアがわかないよ~って感じ。以前に来たことのある友人Kさんに布選びのコツを教わる。なんだかんだと2時間くらいいたのかな。夫と一緒じゃありえないよね。布選びだけで2時間!よく見ると、各お店それぞれ、おばさんぽいのしかおいてないとかエスニックが主とか、特徴がある。あ、バーバリーもどきのチェック柄しかおいてない店もあったな。結局私はペイズリーと姪のワンピース用にKさんと共同で買った布、そして夫を悩殺(今更不必要とは思うけど)するナイトガウン用にちょっとプリティな布をゲット。仕上がりのほどは・・・?
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-11 15:13 | Shopping

フランス負けちゃったね

朝起きたらフランスが負けていた。まあ、ここまでこれただけすごかったのか?で、つい4年前を思い出した。あの頃、うちのサルはまだおなかの中で、私は優雅な妊婦生活をパリでしたいたんだったわ・・・。うちのアメリカ人夫は典型的アメリカ人で野球とアメフトは知ってるけどサッカーとなるとまるで駄目。で、一緒に日本対トルコかなんか見ながら私がルールを教えてあげたものだったわ。もちろん、彼のオフィスはあのワールドカップの間あまり仕事がはかどらなかった。なぜかというと現地雇用員がフランスが出る日はちゃっかり一番いいテレビのある部屋で勝手にパーティ。しかもワイン・チーズなんか持ち込んでるし。最初はびっくりしてたアメリカ人もだんだん影響されて最後のフランス戦は上司公認のサッカー観戦パーティと化した。まあ、これも普段なかなか仕事しないフランス人のご機嫌をとるためにはしょうがないんじゃないの?ってアメリカ人たちはため息ついてたらしい。ここ中国でも町のあちこちに「世界盃」って書いた看板をみつけたけど、仕事がはかどらないほど没頭してた人たちはいたのかしら?
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-10 15:35

Bargain hunters 2

クラスメート3人で雅秀市場に行って来た。この日、私の目的は日本・アメリカ遠征のお土産探し。なiかなか大変なんだよね、これが。まずは目についたのが水着。3年前まだ授乳中に買ったビキニがもうどうにも着れなくなって早や2年あまり(胸が・・・)。で、この日はまあ歳も歳だしねって自分で言い聞かせて、ワンピース水着を95元(1元=15円)で。Diorです。次にサッカーをやってる甥にと思い買ったのがこれ。80元。
b0099220_1656122.jpg
b0099220_1732317.jpg<be clear =all>
こんなの着るのサッカーやってるとかえってはずかしいのかもね。連れの二人も勢いづいて買う、買う。日ごろの勉強の成果を発揮!って・・・「いくら?もう少しまけて」とか、使う言葉はここでは決まっちゃってるんだけどね。ビクトリア・ベッカムのジーンズを360元でふっかけられたときは、すかさず「私達は北京在住なんだから80元で買える事しってんのよ」って言ってまけさせた。でも、きっと300元くらいで喜んで買う人いるんだろうなあ。まだまだ勉強しなくちゃ。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-06 17:05 | Shopping

ホンチャオで見つけた武

b0099220_9464287.jpg

たまにタクシーの中からバス停に張ってるのをみかけてたんだけど・・・ついに実物をホンチャオで発見。多分お茶のCMなんだろうけど、小麦畑に爽やかに風に吹かれてる。でも、このポスターをはってある箱というか台というか・・・なんか中国チックでものがなしいわ。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-07-06 09:50 | Takseshi Kaneshiro