「ほっ」と。キャンペーン

アメリカ人夫と息子の3人で中国北京に駐在中。いつのまにか泳げるようになっていたぼんぼん。


by snakeinbeijing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

JALのマイレージ会員向けにウー・ウエン先生のお料理教室が開かれ、私も参加。年に2回くらい北京で開催される彼女のお料理教室。興味あったけど高いんだよね。粉物(餃子とか包子)であのお値段はいかがなものかっていう料金設定。でも彼女のお料理教室に一回でも参加した人はもう彼女の魅力のとりこになるんだそうだ。で、今日のお教室。なんと抽選で当選した会員だけが参加の無料教室!めずらしく私、当選しました。
b0099220_2034625.jpg
20人の会員が招かれて開始。今日のメニューはあの西太后が愛したという空心餅。中身のないパオズを最初に作ってフライパンで焼き、その中に牛ひき肉味噌を入れ込んで食べるというもの。先生の北京料理・宮廷料理の歴史にまつわる話を30分ほど聞いてからいよいよ各自2人組になって開始。思ったよりも簡単。これなら息子と一緒に軽くできるかなって感じ。でも、結局一番おいしかったのはこれ。
b0099220_20392340.jpg
ピータンのみじん切りにシャンッアイみじんきりをちらし、黒酢とおしょう油、同量をまわしかけただけの一品。あ、みそはこれにピーナッツの辛いおつまみを刻んでちらすこと。ビール一本ちょうだい!って言いたくなる辛さでいい感じ。早速スーパーに探しに行かないと。
b0099220_20423832.jpg
最後は先生のお話を聞きながらの試食。噂は本当ね。先生の話す内容、とても含蓄があってわかりやすく中国文化を説明してくださる感じでとても心地いい。全然嫌味じゃなく心に響くっていうか・・・言うのむずかしいんだけど。ここで使ってる食器もどこで買えるか聞いたし、それも見に行かないと。先生のクッキングブック、5種類くらいとチャイナ風のエプロンなんかも売ってたけど、結局一冊だけ買ってサインしていただいた。でも・・・この空心餅、多分つくらんやろうな~。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-30 20:48 | Chinese
アメリカでサンクスギビングの週末と言えば、もちろん大バーゲンの日。ニュースでなんか店内の開店と同時に走ってる光景、やってたけど私には関係ない。家族3人でツリーを出した。去年、引越し荷物の中にあるはずのクリスマスグッズがないこと気づいた。あ~ん、結婚12年でこつこつ集めたオーナメントや私の力作、クリスマスキルト・・・いったいいずこ?今度アメリカに帰国したときじゃないと会えないのね・・・。それであわてて買ったクリスマスツリー。オーナメントも超少なくてとってもシャビーな感じ。で、今年は少しでも色をそえようと、こんなもの作ってみました。
b0099220_1340147.jpg
あのマーサ・スチュワートのレシピで作ったジンジャーブレッドのお菓子の家。なんかいびつですがアメリカで買ったスタンドミキサー大活躍。この前のハロイーンで集まったM&Mやそのほかのキャンディ、サルに見つからないように隠してたのを取り出してデコレートしてみた。しばらくしてフッと気づいた。ウン?なんかチョコレート取れてる?普段あまり食べさせていないチョコレート。かわいそうに、犯人はうちのサルねずみでした。ま、いいか。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-27 13:43 | Craft

Happy Thanksgiving!

今年は日本も同じ日が祝日だったみたいですね。サンクスギビングと言えばターキーの丸焼き。去年は義母の亡くなった直後でそんな気になれずひっそりと・・・と思っていたら夫の下で働いてる人が気を使って招待してくれた。今年は・・・もともとターキー好きじゃない夫は直前まで「別にいいよ」と言ってたのでなんにも用意してなかった私。彼の休みをいいことに、サルの来年から通う学校の下見のアポなんかとっちゃってたし。で、下見が終わった後で夫の言うこと。「で、きょうのサンクスギビングディナーは何?」だって。え~、やるんかいな!はよ、言うて~な~!近くのカルフールに急遽行って彼のリクエスト、羊の足、30元。同時に購入のフランスチーズ、3種類300元(1元=15円、たっか~)。
b0099220_103765.jpg


Today's wine
アペリティフ Drappier シャンパーニュ
Prieure de Cenac 2001 Cahors

b0099220_10411695.jpg
デザートはパンプキンクリームチーズケーキ。ポルトとマディラを添えて。濃厚なクリームチーズにポルト,マディラ共に相性はよかったです。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-24 10:49 | Today's wine

陸克商店

シルクの小物を扱ってるおばさんに自宅に来てもらった。彼女は英語ができる上に欧米人相手に商売してるので自称「シルクレイディ」。名刺にそう書いてあるし、電話してくるときも「あ、シルクレイディだけど」と言って電話してくる。この日はクリスマスも近いこともあってプレゼント用のものをたくさん持ってきてもらった。
b0099220_10243755.jpg
ご近所の友人、そのまた友人が10人ほど集まってワイワイとショッピング。こんな安いものでもチョコチョコ買うのが楽しいんだよね。
b0099220_10275539.jpg
この日買ったシルクでできたクリスマスソックス。60元(1元=15円)。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-24 10:28 | Shopping

マダム、自分を磨く!

サルのお稽古事も最近、音楽と絵画に落ち着き、今度は自分を磨くことにした。月に1度の農民画、そして書道。きのうはその書道の初日。
b0099220_1225027.jpg
集まった4人のマダム達はいずれも筆なんか持つの学校の書初め以来?っていう経歴。まずは筆の持ち方から。中国と日本って持ち方違うんだ~。知らなかった。日本は腕全体で書くって感じだけど、中国のは手首だけ。これが結構難しい。なんか指つりそうっていうくらい力がはいってしまう。で、この日は2時間線と左右のとめの練習。むずかし~。早く字書きたいけど先は長そうです。

ところでこのジャア老師。5歳で人民なんとかの大会で優勝し神童と呼ばれ、その後東京学芸大に留学(ま、そこで習うことはなかったらしいけど)、で今の本業はカメラマン。合間に日本人マダム達に書道を教えてる。多分副業のほうが見入りいいんだろうな。レッスン料は2時間で110元。最初にそろえたお道具一式92元です。(1元=15円)
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-21 12:30 | Chinese

Souffle au crabe de Shanghai

Kさんからの頂き物、高価な上海蟹。最後はスフレにして頂きました。Madame Almanyのレシピで今回初兆戦。夫曰く、私の初挑戦ジンクスはいつも大成功。今回も見事に彼女の写真のようにふくらんだんだけど、カメラをとりに行ってる間にしぼんじゃった。
b0099220_10443444.jpg
この日解禁のヌーボーを添えて。さくっとした歯ざわりに上海蟹の繊細な味、軽めのヌーボーがぴったりと合いました。朝8時半に買いに行ったかいあったよ。Kさん、ありがとう!うちは4日間楽しませていただきました!!
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-18 10:47 | Today's wine

サンタへの手紙

b0099220_12353519.jpg
サルが書いたサンタへの手紙。判読すると・・・キックボードとローラーブレードがご希望のようで。サンタにはちょっと読みにくいと思ったのでマミーが下手な絵を添えました。このお手紙、裏面にはマミーからサンタへの手紙。①皮のコート(きのう勝手にオーダー済み)②ロングブーツ③黒真珠ネックレス(2連)。サルにこの手紙を持たせて、夫に見せてこいと命令。だってうちのサンタは彼だもんね、サルは知らないけど。あとで「私が書いたサンタさんへの手紙見た?」って聞いたら、そんなの見てないよだって。やつめ、ばっくれるつもり?この私、お正月がお誕生日。まあダブルでこの3つはゲットしたいけど、ここ何週間かうちのサンタの機嫌次第だな。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-17 12:41 | Chinese

ぜいたくなことに・・・

同じコミュニティに住むKさんから蟹を頂いた。すんごい化粧箱に入ってまだ生きてる蟹がこんなにたくさん!
b0099220_10412867.jpg
「陽澄湖」ってことは、本物の上海蟹?す、すごすぎる!Kさんちってこんな高級品いっぱい頂くんだ~、いいなあ。レセプションで夕食がいらない夫のことは捨て置き、サルと一緒にゆでて食べる。友人のHさんおすすめの千切りのしょうが、コリアンダーに陳なんとかの黒酢。やっぱり普通の蟹と違うね。味噌もいっぱい。二人ではたべきれず、翌日ぜいたくなことに上海蟹オムレツ。まだあまってるので、今晩は蟹スフレに挑戦するつもり。やっぱり今日といえばヌーヴォーでしょうね。さっきスーパーで買ってきましたよ。3000円くらいしたけど、ま、お祭りだしね。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-16 10:46 | Chinese

これって家庭料理?

b0099220_1156284.jpg
夫の中国語の先生おすすめの家常菜(家庭料理)のレストランへ家族3人で行ってきた。サルはもちろん好物の水餃子を食べる気満々。私と夫は麺だな・・・とおすすめをお店の人に聞くと・・・。「牛肉麺、野菜麺、あ、狗肉麺もあるよ」との返事。フ~ン、エ?それってお犬様じゃあないの!家庭料理なんだ・・・台湾じゃ、犬の色でおいしさの度合いが違うといわれてるらしいけど・・・。迷わず、牛肉麺と野菜麺にしました。

最近、狂犬病が流行って全国で沢山の死者が出てる中国。北京じゃ大型犬を飼うのも禁止になり、一家庭に一犬と定められてるらしい。それにしても、ここを勧めてくれた中国語の先生、30代後半で犬猫を7,8匹くらい飼ってる愛好家。翌日犬の肉を出してると教えてあげるとショックを受けてたらしい。私は犬肉を扱ってる店で食べてしまったことを悔やんでます。
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-15 12:04 | Chinese

中国的スナック

最近の北京市内だけで9000箇所もの工事現場があるらしい。来年末までには汚くて古いものは一掃するという政府の覚悟というか暴挙。古い裏通りを「胡同」(フートン)と言って最近どんどんなくなっている。きょうはその中にできたおつまみてきな小料理ばっかりが一同に集められたレストランに連れて行ってもらった。お店の名刺には英語で「Old Beijing Taraditional Snack Assocoation」と書いてある。
b0099220_16102840.jpg
こんな胡同の奥にだれがこういうお店があるとそうぞうできるだろうか?って感じ。お店に入ると何百年も続いた老舗のお店が屋台のようになっていて、プリペイドカードを買ってそれぞれのお店でカードで払うという仕組み。
b0099220_16125713.jpg
きょう連れてきてくれたHさんおすすめの内臓のおつまみやらなんやら8皿くらいゲットし席へ。イスラムの回族の料理が多いとかで豚肉はなし。ビール2本、紹興酒1本を3人で飲んでしめて225元(1元=15円)。きょうの一番のおすすめはチーズのデザート。チーズ・豆腐・プリンが混ざったようななんとも不思議な味。ほんのり甘くて私好みでした。それにしても、次回早めに来ないと来方忘れそうなところ。複雑です。帰りはぶらぶらと胡同を歩いて大通りへ。

老北京伝統スナック協会
西城区孝友胡同1号
64025858
[PR]
by snakeinbeijing | 2006-11-14 16:20 | Chinese