アメリカ人夫と息子の3人で中国北京に駐在中。いつのまにか泳げるようになっていたぼんぼん。


by snakeinbeijing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
先週足つぼマッサージに行った帰り道、急に徐行して後ろから来ていたおじさんに車の中から声をかけられた。
お:お姉さん、どこ行くの?
私:家に帰ります。
お:家どこ?送るよ?
ここまで来てやっと、これってナンパ?と気づき、無視して早足で帰った。でも、こんなこと超久しぶりだわ~。やっぱこの前日本でイメチェンして三浦りさこへアーにした効果ね~、41歳でもまだまだいけるやんってちょっと嬉しくなった私。で、先週友人達に自慢したところ、「それって白タクに決まってるよ。15元でいいよって言われなかった?」だって。でも・・・思い返してみると、そう思えなくもない。あの近辺っていうか、北京の街中はそういうちょっとお小遣い稼ぎで白タクをやる人達が結構いるらしい・・・まあそうだよね。

でも、その後、中国語のクラスに行くのにビル内のエレベーターを待ってると知らない西洋人(多分アメリカ人)から、「どうしてたの?最近学校来てなかったね」って声かけられた。か~な~り若い。パリならここでマダムと若い男のアバンチュールが始まるんだろうね~。私にはちょっと若すぎた。でもなんかちょっと嬉しい・・・が本音。41歳、陸克夫人まだまだいける?
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-24 12:09

フランス地図

ブログも最初に飛ばしすぎると後が続かないとわかっていつつ・・・つい自慢したくて。2年越しにやっと完成したクロススティッチ。ハ~、長かった~。ま、よく見るとミスも一杯あるんだけど、細かいことは気にしない。要はこんなでっかいものを完成させたということで自己満足なのよね。あとはこれにフレームをみつけなきゃいけないんだけど。なんでも安い額縁屋があるってことなので少しリサーチしなきゃ。フレーム次第でこれもかなり違う印象b0099220_16564840.jpgになるな。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-23 16:57 | Craft

今天的金城武

b0099220_16231815.jpg
きのう近所をぶらぶらしていたらまたもや発見!今回は週刊誌の表紙になっていたのだ~!どうしたんだろ?最近なんか売れてんの?なんかこっちの雑誌って一冊だけっていう売り方してなくて、今回も3冊入って3元(45円)でした。楽しみに開いてみた彼の記事は4ページ。最近はCNNで取材を受けたり結構メジャーな雑誌に出たりとかしてるっていう記事のあと、今までの彼の女性遍歴が書いてあった。なんと最初の女性から現在の6番目の女性まであれこれと書いてある。その6番目の女性は台湾在住の日本女性で、最近彼女は日本に帰ってしまった、その後どうなんだろう?っていう感じで書いてあったけど・・・ほんまなんか~。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-23 16:27 | Takseshi Kaneshiro

電話線

なぜか急にインターネットがつながらなくなった。なので週末はちゃんと子育てに専念。たまにネットがつながらないのもいいかもね。で、今日見てもらったところ・・・電話線が壊れてたんだって。でも急になんで???ま、とりあえず直ったからいいけど。今から初めてのカンフーのクラス。なんかドキドキするな~。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-23 14:07

Bargain hunters

中国語クラスの後、クラスメートとヤーシュー市場という所に行った。服から何からなんでも売ってる市場。今日のお目当てはテーブルクロス。うちの3m20cmという巨大なテーブルに合う夏っぽいものを探しに。同行の彼女も最近広州から来たばかりでやはりテーブルクロスを。すぐにお目当てのものが見つかって、早速値段交渉の始まり。これって体調が万全なときでないと負けなんだよね~。きょうはねばって1000元(15000円)といわれたのを330元(5000円くらい)でゲットできた。友人も粘って交渉成立。さて、ここで終わらないのが女だよねってことで次は洋服を見始めた。で、買ったものがこれです。またしても写真の腕が悪すぎて見にくいb0099220_18104418.jpgんだけど・・・。
アバクロTシャツ 一枚50元(750円)
ジューシークチュール ジャージ75元(1100円)
日本語で話しかけてくる店は要注意。この10倍くらいから値段を言ってくる。「いくら?」って聞くと必ず「いくらなら買う?」って聞かれるので、やはり相場をしらないと不利な感じ。でも帰ってきてアーイー(うちのお手伝いさん)に見せたら「フーレンは高く買わされた。私ならTシャツ30元で買えた」だって。彼女のこういうデリカシーのなさが時々耐えられない・・・。ま、きょうはいい買い物ができたってことで大目にみよう。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-18 18:17 | Shopping

Thank you dinner

b0099220_1202762.jpgきのうディナーに連れてってもらったお礼にきょうはフレンチを作った。アメリカ人と暮らしてると、こういうこと結構ポイントなんだよね。すぐにお礼を言う、Thank you letterをすぐ書く・・・ま、日本も同じか。で、作ったのがこれ。
フレンチといった割には簡単で申し訳ない。
poulet dijionnaise,tomates au four
そえたワインは Chateau Les Tours des Verdots Bergerac sec 2000
fromageはカルフールブランド(泣)のカマンベールとクロッタン(not bad)。うちの3歳半のモンキーはパリ生まれだけが自慢(私の)なんだけど、フロマージュが大好物。もはや記憶にないパリだけど舌で覚えててくれ、お願いやから。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-17 12:05 | Today's wine

Happy mother's day dinner

BBQを頑張った私のために一日遅れでディナーに連れて行ってもらった。場所は三里屯。ここはヨーロッパの大使館が集まってるエリアでかなりの白人比率。素敵なバーが道に立ち並んでいる。夫が選んだのは「Alameida」というブラジリアン&フレンチ(どんな料理やねんって感じもするけど)レストラン。小道に入ってちょっと隠れ家的な感じ。中もちょっと南国風にまとまっていてキャンドルの灯りがちょうどいい具合。この照明って結構ポイント高い気がする。日本もそうだけど台湾・中国のレストランって蛍光照明がパーって感じで落ち着かない。
b0099220_1132046.jpg
写真の腕が悪すぎ~。メインの鴨のビーツソース添えですけど、わかるかな。すごくいい味にまとまってた。夫はアメリカ人らしくフィレミニョンステーキ。ソースがちょっとピリ辛でここがブラジルってことなのか?ワインのセレクションが少しお粗末でしょうがなくこの日はチリのカベルネ。しめて450元(6000円くらい)。not bad...。隣に座ったフランス人のおかげでパリいるかのような錯覚もgood。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-17 11:42 | Today's wine

北京的金城武

今日中国語のクラスに行くとき見つけたもの・・・この雑誌。去年の秋くらいに創刊になった中国版Vogue。なんでか女性用と男性用パックで売ってるんだよね。まあ2冊で20元(300円弱)だからいいけど。見逃せないのが男性用Vogueの表紙!久々の金城君でした。最近韓流に浮気してたけどやっぱかっこいいです。中身は・・・東京で撮影した写真が4ページと彼がキャラクターを努めるBiotermの絵葉書。まあ、いいんだけど。b0099220_1446860.jpg
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-16 14:51 | Takseshi Kaneshiro

みなさん、ありがとう!

きのうブログ開設のお知らせをしたらたくさんの励ましをいただきました。ありがとう!
さて、きょうはこのブログ名について少し解説を・・・。
陸克夫人ー要するにMrs.誰誰(陸克は私の夫の苗字の中国語読み)ってことなんだけど、ルーカーフウレンって呼びます(ルー大柴のルーって感じでルーに力が入ります)。思えば新婚時代に住んだドイツではFrauだったし、沖縄では奥様、そして過去の栄光、パリ時代はマダム・・・2008年まではこれですわ。北京での生活を書いていきたいと思います。よろしくどうぞ。
b0099220_1434312.jpg
今日アップした写真は私の住んでるエリアの写真。左にあるタウンハウス群の一番手前がそうです。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-16 14:36
夫のセクションで働く人達と家族を招いてBBQパーティをすることになった。なにせ去年の9月に来てからというもの、クリスマスパーティもやらなかった。こんなことここ7~8年で初めてなんじゃないかしら?で、張り切ったわりには結局、お肉とアルコールその他飲み物は私達で、サイドディッシュは各自持ち寄りにすることになった。アメリカ人夫曰く「正式なアメリカ式ハンバーガー、それはプレーンハンバーガーミートを形作って、あとは野菜、ケチャップ、マスタードをそえるだけでいい」ってことだったので超簡単。まあ、それじゃ味気ないわってことで、タイ風スペアリブ(パリ時代に習った)に太巻きを添えた。アメリカ人たちが持ってきたもの、コールスロー、ポテトサラダ、トルティーヤチップスにワカモレディップ、独身者はどこで見つけてきたのかアメリカ風BIG&SWEETなケーキ。定番なものばっかでした。いざパーティ始まってみると、炭火だけおこしてうちのアメリカ人夫はさっさと社交の場に。私はその後必死でハンバーガー焼いたわ。おかげで、「ところであなたは誰?」だってさ。私が陸克夫人です!って言ってやろうかとも思ったけどにこやかに応対しました。b0099220_15514853.jpgちなみにこの写真のひとは陸克夫人ではありません。
[PR]
# by snakeinbeijing | 2006-05-15 15:53 | Party